FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化と4miniのFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連

大体いつも 5日間隔ぐらいで更新してます

● FI 化での燃料ポンプ選択方法(必要な吐出量計算)

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2020/09/05(土) 01:15:12
 
2スト用の FI 化 ( インジェクション化 ) のお話しの続きです。
 
もちろん 4ストエンジンにも使えます。
 
 
さて、今回は燃料ポンプ選択方法について。
FI 化に必要なポンプの吐出量計算です。
 
 
まずは排気量 1cc あたりで考えてみます。
 
ある程度の余裕を持って燃費の良くない車両を
モデルに考えてみましょう。
 
例えば排気量が 2000cc の乗用車。
1990 ~ 2000年頃の 「 ターボ車 」 の場合。
 
この頃は今と比べて排ガス規制も緩いですからね。
エコを考えずに走らせたらリッター 5 ~ 6Km 以下
…なんて燃費も普通にありました。
 
こういった車両の燃料吐出量は 130 L/h ぐらい。
( 1時間あたり何リッターを吐出するかの量 )
実車の諸元から得た数値です。
 
この 130 L を 2000cc で割ると 0.065 。
排気量 1cc あたり 0.065 L/h の吐出量が必要。
まあ、あくまでも単純計算での 「 目安 」 ですが。
 
 
そして。。。
2ストエンジンは 4ストよりも倍の吸気があるので
 
0.065 L/h x 2 = 0.13 L/h
 
これが 2スト排気量 1cc あたりの目安かと。
 
 
排気量別に必要な吐出量を求めると
 
2スト 50cc エンジンなら
0.13 L/h x 50 = 6.5 L/h
 
2スト 68cc エンジンなら
0.13 L/h x 68 = 8.84 L/h
 
2スト 90cc エンジンなら
0.13 L/h x 90 = 11.7 L/h
 
 
次に、純正ポンプの吐出量を見てみると
 
ジャイロ FI 50cc → 11.16 L/h
グロム 125cc → 29.52 L/h
エイプ FI 50cc → 36 L/h
 
 
これらを踏まえると適切な燃料ポンプは
2スト 68cc ぐらいならジャイロ FI 用で余裕。
 
90cc を超えるとジャイロ FI 用ではつらいです。
グロム 125cc 用が妥当でしょう。
もしくは、エイプ FI 50cc 用の燃料ポンプ。
 
ちなみにエイプ FI 用は計算上では 250cc 越え
でもイケる感じですね。
 
まあ、大体は実際にやって得た数値どおりです。
 
 
ただし、これはあくまでも 「 目安 」 です (^^ゞ
エンジン仕様によって必要量は変わって来ます。
 
また、燃料ホース径も関係するので、ポンプだけ
では適切な計算とは言えない事をお忘れなく。。。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2020/08/30(日) 06:18:04
 
以前ご紹介したお話の続きです。
ジャイロ用タンクにグロム用ポンプを移植します。
 
ようは、燃料ポンプ吐出量の大容量化です。
 
グロム用はジャイロ用の 2.6 倍以上の吐出量。
2st 130cc エンジンのための対策です。
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ JC61 グロム用タンク
 
オークションで燃料ポンプ付のタンクを購入。
 
なお、JC61 ポンプはリコールが出てるので要注意。
もちろん、リコール対策済みのを購入しています。
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ JC61 タンク下部
 
ポンプはタンク下部に付いています。
 
ホースに繋がっているのは燃料フィルター。
燃料フィルターが外部にあるのが特長的ですね。
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ 燃料ポンプ
 
取り外したところ。
燃料計センサーは不要なので撤去します。
( 簡単に外れます )
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ ジャイロ FI 用タンク
 
これは車台番号 TA03-130~ 以降用。
 
このタイプにはグロム用がポン付け出来ます。
 
同じ FI 車用でもこれ以前のモデルには不可。
以前のモデルの場合は加工が必要。
 
↓ 以前のモデルの場合、詳しくはこちら
https://trikenet.blog.fc2.com/blog-entry-385.html
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ 燃料ポンプの比較
 
グロム用とジャイロ用の比較です。
取付部分は同じなのでポン付けOK。
 
燃料経路はグロム用のほうが太いようです。
これは排気量の差の分でしょうね。
 
 
ジャイロ FI 用タンクにグロム用ポンプをポン付け移植
↑ ポン付け完了
 
実際に車体に固定しないと何とも言えませんが
フィルターも上手く収まっている感じです。
 
もし他の部分と干渉するようならホース延長して
移設すれば問題無いかと。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● 自作インジェクションコントローラー その7

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2020/08/20(木) 00:10:52
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
 
2スト用のインジェクション化 ですが、もちろん 4ストエンジンにも使えます。
 
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )
↑ 自作 ECU
 
 
今回は、ECU の機能について。
まあ、自分用の覚え書のようなものです (^^ゞ
後々のため、現状の機能を列挙しておきますね。
 
 
【 基本設定 】
 
基本噴射量の設定
アクセル開度マップの編集
回転数マップの編集
アクセル開度ゼロ用マップの編集( 2st 専用 )
フルマップの設定・マップの編集
 
全体オフセットの設定
 
初爆増量の設定・マップの編集
吸気温度マップの編集
エンジン温度マップの編集
加速ポンプ用マップの編集
 
暖気温度の設定
ボタン1回あたりの修正量の設定
スロットルの調整
アクセルオフ動作の設定
ソレノイドバルブ ( 簡易ISC ) の設定
ウォーターポンプ作動温度の設定
データ保存
データ読込
 
 
 
【 走行中に可能な設定と表示機能 】
  
基本噴射量の設定
アクセル開度マップの編集
回転数マップの編集
フルマップの編集
全体オフセットの設定
スロットルの調整
 
エンジン温度表示
吸気温度表示
エンジン回転数表示
 
 
 
【 機能の説明など 】
 
燃料噴射は、
基本量 + ( 開度と回転数によるマップ補正量 )
という方法で噴射時間を計算しています。
 
これに
・ 始動時専用の温度マップ
・ 暖気用の温度マップ
・ 吸気温度のマップ
を組み合わせて、各温度域で自動調整。
 
 
開度と回転数マップは、
・ シンプルモード
・ フルマップモード
の 2種類があり、選択式。
 
シンプルモード ( 簡易マップ ) は、
・ アイドリング状態用の基本噴射で 1段階
・ アクセル開度が 5% 刻みで 21段階
・ エンジン回転数は 500rpm 刻みで 24段階
の合計 46 段階のデータを入れれば OK
あとは全て自動計算です。
追加でアクセル開度ゼロ用マップも使用可。
 
フルマップモードは、
・ アイドリング状態用の基本噴射で 1段階
・ アクセル開度(21) x エンジン回転数(24) = 504
・ アクセル開度ゼロ用マップで 24段階
の合計 529 段階 のマップが使用可。
 
 
 
【 現状での懸案事項 】
 
高所・山道用の気圧データの導入について。
私的な行動範囲内に試す場所が無い。。。(^^ゞ
プログラムには内包してるが、現在は非表示。
 
走行中に可能な設定について。
回転数マップの編集を無しにしようか迷ってます。
開度と違って回転数は合わせづらいので。
実際、私の場合、走行中は開度中心で編集。
回転数の編集は無くても良いかも。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● 自作インジェクションコントローラー その6

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2020/08/15(土) 00:05:44
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
 
2スト用のインジェクション化 ですが、もちろん 4ストエンジンにも使えます。
 
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )
↑ 自作 ECU
 
久々に ECU を作り直しました。
左は以前の物で、右のが新しいやつです。
 
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )
↑ 中身はこんな感じ
 
使ってない機能とか整理して少しスッキリしたかと。
 
 


トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● ジャイロ FI 用 燃料タンク

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2020/07/15(水) 08:11:11
 
Gアクニコイチ載せ替えの話の続きです。
 
 
ジャイロ FI 用 燃料タンク TA03-130~ 以降用
↑ ジャイロ FI 用 燃料タンク
 
車台番号 TA03-130~ 以降用。
それ以前のタンクとは異なります。
 
これ、なかなか入手できないレア品です。
中古では滅多に見ません。
 
パッと見ての違いは、燃料キャップ。
開閉用レバーが付いてますよね。
 
でも一番の違いは燃料ポンプ。
以前の形状ではなく、グロムと同形。

 
吐出容量の大きいグロム用が無改造で付く。
( 多分ね。。。(^^ゞ )
 
後日、実際にグロム用燃料ポンプの装着を試して
みようと思います。
 
 
つづく。。。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (19)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (46)
ジャイロ ニコイチエンジン (28)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (18)
ジャイロ 全波整流&LED化 (13)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
4mini 自作 FI化 (16)
フレーム1本から始める4mini製作 (19)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (10)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR