FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連

大体いつも 5日間隔ぐらいで更新してます

● 燃圧計センサーの取り付け

 【 カテゴリー : ファルコン
 2016/10/30(日) 01:17:07
 
前々回の続きです。
 
 

↑ 燃圧計センサーを付け替えました。
 
以前の取付方法ではヘルメット収納部分のパネルが
閉まらなくなってましたが、今回はちゃんと閉まります (^^ゞ
 
↓ 以前の取付方法
http://blogs.yahoo.co.jp/trike_455/28227137.html
 
 
一応、燃料レギュレーターのステーをしっかりとフレームに
ネジ止めしてるので大丈夫だとは思いますが、継ぎ手をひとつ
増やした分、接続が長くなってしまいました。
 
ステーを足して補強を入れたほうが良さそうですね。。。
 
こういった部分は、念には念を入れてやっておかないと
大変危険ですからね~
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● 燃料ポンプコントローラーを改良

 【 カテゴリー : ファルコン 4スト 自作 FI化
 2016/10/25(火) 04:18:33
 
前回、燃圧計のセンサーを入れ替えたついでに
燃料ポンプコントローラーを改良してみました。
 
 

↑ 以前のよりも出力を上げてあります。
 
今回は発熱対策でヒートシンクも装備。
ハードケース仕様にしました。
 
ヒートシンクの右に開いている穴部分には動作確認用の
LEDを入れてます。
 
 

↑ 内部のスイッチで動作パターンの切り替えが可能
 
これで燃料系はバッチリかと♪
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● 燃圧計のセンサー交換

 【 カテゴリー : ファルコン
 2016/10/21(金) 01:54:42
 
先日、セッティング中に燃圧計の調子がおかしくなって
いろいろと確認してみたら、センサー故障。。。
 
 

↑ ってことで、新しいセンサーを購入。
 
いつも思うことですが、、、
このセンサーに限らず、バイクパーツって故障率が高い?
 
何故か同じ物を何度も買うことになる (笑)
ハズレの確率が高いのか、それとも運が悪いのか (^^ゞ
 
当たりを引くまで買い続けなきゃならないんですよね。
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● オシロスコープ その2

 【 カテゴリー : ファルコン 4スト 自作 FI化
 2016/10/15(土) 04:16:02
 
前回のお話しの続きです。
 
 

↑ 自作インジェクションコントローラー。
 
バイクエンジン用インジェクションコントローラーです。
 
※ LED の輝度が高いため、このぐらいホワイトバランスを
 落として撮らないと、数字が読めないのでご勘弁を。
 
 
燃料噴射は、10 μs ( マイクロ秒 ) 単位でコントロールが可能。
 
※ 1 マイクロ秒 = 0.000 001 秒 ( 百万分の一秒 )
 
 
上の写真の例では、LED が 100 を表示していますので
燃料噴射時間は 1ms と言うことになります。
 
 100 x 10 μs = 1000 μs → 1 ms ( ミリ秒 )
 
 ( 100 x 0.000 01 = 0.001 → 1 ms )
 
 
実際には、インジェクターに電気を流しても直ぐには噴射せず
わずかなタイムラグ ( 無効噴射時間 ) があり、それを差し引いた
時間が実際の噴射時間です。
 
無効噴射時間はモノによっても異なりますが、だいたいのところ
150 ~ 200 μs ぐらいでしょうか。
自作インジェクションコントローラーは、この無効噴射時間
よりも 15 ~ 20 倍の速度で制御が可能ってことです (^o^)v
 
 
なお、燃料噴射の制御のほかに、LEDへ現在の状況を出力、
スロットル開度の算出や、温度・空燃比も算出し、燃料が適切な
状態になるよう自己学習も行ってます。
 
これだけのことを 1個のマイコンにやらせながら 10 μs 単位の
コントロールは、結構良いスピードが出せているかと。
 
 

↑ 肝心のオシロスコープでの波形はこちら。
 
画面の縦軸が電圧 ( 5V 間隔 ) 、横軸が時間 ( 1ms ) 。
自作インジェクションコントローラーが 100 の時の波形です。
ちょうど 1ms になってますね。
 
 

↑ こちらは 150 の時の波形
 
正確に 1.5ms になってます。
 
 

↑ こちらは 200 の時の波形
 
これも正確に 2ms です。
 
 
ちなみに LED表示を無くせば、もっともっと制御速度を
速くする事が可能なんだけど、この表示機能は最大の利点
だから速度を犠牲にしても必要かと。
 
まあ、結果的には犠牲ってほど速度は遅くないと思うし、
今の状態でバランスの取れた良いプログラムになっている
と思います。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● オシロスコープ その1

 【 カテゴリー : ファルコン 4スト 自作 FI化
 2016/10/10(月) 02:04:26
 
今回は少し違ったネタを。。。
 
 
今、作成中の自作インジェクションコントローラーから出る、
インジェクター制御信号の波形が見たくなった (^^ゞ
 
まあ、信号自体はプログラムや自前ユニットを使って計測すれば
大体の様子は判るから、今までオシロスコープの必要性をあまり
感じなかったんだけど、、、
信号の波形をグラフとしてリアルタイムで見るには、やっぱり
オシロスコープが必須。
 
 

↑ ってことで、組立キットを買ってみました。
 
ただ波形が見たいだけなんで、あまり高価なモノを買うのも
何ですからね (笑)
 
2~3千円で買える組立キットをチョイス。
 
多分、技術家庭とかで作るラジオより簡単なキットかと。
説明書は英文だけど、番号通りにハンダ付けするだけ。
 
 

↑ 途中省略で (笑)、すでに完成目前状態
 
TFT 液晶パネルをメインの基板に差し込めば完成です。
 
 

↑ はい、完成 (^o^)v
 
あとは、9Vの電源に繋げば動きます。
 
相変わらずのケースレス (笑)
基板剥き出しは、デフォルトだよね~
 
 

↑ 実際に使ってみたところ
 
これは 「 インジェクター制御信号の波形 」 ではないです。
動作確認で、パルス発生器に繋いでいます。
 
20ms ( ミリ秒 ) 間隔で、オンとオフを繰り返すパルス。
タコメーターに繋ぐと、ジャスト 1500rpm を指す信号ですね。
 
画面の縦軸が電圧 ( 2V 間隔 ) 、横軸が時間 ( 20ms ) です。
安物オシロスコープですが、キッチリ正確に波形を描いています。
 
※ 20ms = 0.020 秒
 
 
次回は、自作のインジェクションコントローラーに繋いで
制御信号の波形を検出させます。お楽しみに!
 
つづく。。。(^o^)ノ
 
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● FI 化 : 自作コントローラー その7 車両に設置

 【 カテゴリー : ファルコン 4スト 自作 FI化
 2016/10/05(水) 07:51:27
 
FI 化用の自作コントローラーのお話の続きです。
( バイクエンジン用インジェクションコントローラー )
 
 

↑ グローブボックスの蓋の裏側に設置します。
 
ここなら設定の確認や変更も簡単に出来ます♪
 
コネクターを付けて一括で簡単脱着も可能にしました。
もちろん、コントローラーの改良もまだまだ行う予定です。
 
 

↑ と言うワケで、配線作業のためフロント部分はバラバラ。。。
 
まあ、雨ばかりで実走できないから、じっくりと配線作業を
することにします (^^ゞ
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (19)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (40)
ジャイロ ニコイチエンジン (20)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (17)
ジャイロ 全波整流&LED化 (12)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (5)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR