FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連

大体いつも 5日間隔ぐらいで更新してます

● ジャイロキャノピー メーター交換のまとめ

 【 カテゴリー : ジャイロ メーター交換
 2018/05/30(水) 02:36:54
 
ホームページの 「 トライク 」 のコンテンツに
記事を 1つ追加致しました。
 
 
追加内容 :
 
 【 ジャイロキャノピー メーター交換のまとめ
 
  ブログに書かなかった配線方法や詳細等のまとめを掲載。
 
  この続きはホームページにて。。。
 
 
↓ ホームページ  メーター交換 まとめ記事
https://www.trike-net.com/trike/trike12.html
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● FI 化の仕様について

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/05/25(金) 05:08:57
 
2スト用の 「 自作インジェクションコントローラー 」( インジェクション化 )の
お話しの続きです。
 
一般的に 「 インジェクションコントローラー 」 って言うと、
FI 車の純正コンピューターに割り込ませてセッティングを
するための 「 サブコン 」 を連想する人が多いと思います。
( サブコン = サブコントローラー、またはサブコンピューター )
 
サブコンは、メインとなる純正コンピューターの動作に補正を
加える物で、サブコンだけでエンジンを動かす事は出来ないし
純正コンピューターに依存している分、セッティングの自由度は
あまり高く無いと言えます。
 
 
それに対し、私が作っているのは 「 フルコン 」 です。
その名の通り、フルにコントロールするためのモノですね。
フルに制御できる分、セッティングの自由度は非常に高いです。
 
始動からアイドリング、各スロットル開度や各回転域の燃料噴射、
すべての制御をキャブレターに代わって行うコンピューター。
キャブ車を FI 化するためのコントローラーです。
 
 
まず、なぜキャブ車を FI 化するのか?
 
理由は簡単です、便利だし楽しいし (笑)、パワーも出るし。
 
例えば、キャブ車は基本的に走行中のセッティングが出来ません。
キャブ車でのセッティングは試走と分解組立の繰り返しですからね。
 
そのため、走らせる度にコンディションが変わってしまったり、
「 さっき走った時はどうだったっけ? 」 …のような曖昧な
記憶に頼ったセッティングになってしまう事もしばしば。。。
セッティングという行為そのものが大雑把になってしまいます。
 
また、キャブでの調整要素は、2つのジェットとニードル位置。
基本的にこの 3つの要素の組み合わせだけです。
パワージェットを加えたとしても 4つの要素しかありません。
なので全域をベストな状態にするには難しく、仮にそれが出来ても
季節が変わればセッティングがズレてやり直し。
結果的にベストにするよりも妥協範囲に収める事になりがちかと。
 
 
私の作るフルコンは、走行中にセッティングが可能。
走らせながら調子の良い所を探るように調整値を変えて行けば
キャブ車よりも遥かに早く安全でキメ細かに仕上がります。
 
4ストでフルコンを作った時は、これを空燃比センサーを使った
測定値をもとに、自動で補正して自己学習するようにしましたが
2ストでは空燃比センサーが使えそうにないので、その代わりに
手動操作にて自由にいじれるようにしてみました。
 
基本噴射量、各スロットル開度での個別調整、全体的な上げ下げ、
各回転数での個別調整などなど、走りながら現在の開度と回転数に
対応するマップ箇所を、ハンドルに取り付けるスイッチを操作して
ダイレクトな書き換えが可能です。
 
それと、独自機能だけでなく、一般的な温度変化の補正機能も加え
メーカー市販車なみに 普通に乗れる仕様 になったかと思います。
 
 
正直なところ、私も結構いい歳なんで、走行とキャブ分解組立を
繰り返すようなセッティングはもうツライんですよ (苦笑)
その労力に対し、FI ほど細かなセッティングが出来るワケでは
ありませんからね。
 
昔からキャブは好きだったけれど、今はやっぱり FI かと。
キャブ車と比べて、簡単で思い通りに出来るのが最大の利点です。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● スピードセンサーの取り付け

 【 カテゴリー : ジャイロ メーター交換
 2018/05/20(日) 05:40:56
 
前回のブログの続きです。
 
 

↑ スピードセンサーの取り付け
 
センサーは磁気に反応する仕組み。
ディスクローター固定ボルトの六角の穴に強力なマグネットを
ハメ込んで反応させる。
 
ディスクローター固定ボルトはマグネットが良く付く鉄製か
クロモリ鉱などのボルトがお薦め。
 
そのままだと何かのはずみでマグネットが取れてしまう可能性も
あるのでカッティングシートを円形に切って貼り付け、脱落しない
ようにしました。
 
 

↑ この反対側のメーターワイヤーを外せば完了
 
メーターと純正配線の繋ぎ方や、設定などの詳細はまた後日
ホームページのほうに 「 まとめ記事 」 として載せますね。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● メーターパネルの作成

 【 カテゴリー : ジャイロ メーター交換
 2018/05/16(水) 03:02:23
 
前回のブログの続きです。
 
 

↑ まずは完成状態から
 
このメーターは取付径が 80mm で、一般的なモノよりも
かなり大きいほうなんだけど、、、
 
ジャイロの純正メーターは更に大きいからね。
メーター固定用のパネルを作成します。
 
 

↑ 毎度お馴染み型紙シール。
 
プロッターで型紙を作り、それを FRP の板材に貼り付けて
切り出して行きます。
 
 

↑ ザックリとハンドグラインダーで切る
 
 

↑ そのあと、リューターで切り出します。
 
 

↑ 綺麗に仕上げてから
 
 

↑ カーボン柄のダイノックシートを貼る
 
 

↑ 完成♪
 
 

↑ 裏はこんな感じ
 
補強としてのステーを付けたあと、裏から見ると溝になっている
部分にシリコンコーキング剤を流し込んでガッチリと固める。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● KOSO TNT マルチファンクションメーター

 【 カテゴリー : ジャイロ メーター交換
 2018/05/10(木) 05:47:53
 
燃調セッティングや駆動系・ウェイトローラーのセッティングで
欠かせないのは正確なエンジン回転数と正確なスピードメーター。
 
純正メーターでは回転数は判らないし、純正スピードメーターは
誤差が大きいんですよね。
 
保安基準として 10Km/h 違っても誤差範囲として認められているから
メーターで 60Km/h になっていても実際は 50Km/h 程度しか出てない
のもごく普通の事だしね。
 
 

↑ KOSO TNT マルチファンクションメーター
 
…ってことで、FI 化のためにも正確なメーターに入れ替えます。
 
無論、社外メーターがどれだけ正確かって議論もあると思うけど
一応パルス発生器でテストしてみたら、かなり正確でした。
 
 
純正メーターを外してこれを入れるんだけど、径がかなり違うから
まずはメーターを取り付けるためのパネルの作成からですね。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● FI 化 2スト用 自作インジェクションコントローラー

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/05/06(日) 03:03:02
 
全波整流化と、LEDヘッドライト化も済んで、ようやく
2スト FI 化を実現する見通しがついて来ました。
 
FI って、バイクだと排ガス規制のための手段で、パワーダウン
する印象を持つ人が多いかも知れないけど、、、
私がやるのはパワーを出すための FI 化!!
( インジェクション化 )
 
 

↑ 2スト用 自作インジェクションコントローラー試作品
 
ケースサイズは 12cm x 6cm x 2cm 。
 
ジャイロを購入した時から、コツコツと準備を進めている
2スト用の自作インジェクションコントローラーの試作品。
内部のプログラムは、ほぼ完成しています。
 
もちろん、「 フルコン ( 燃調を全てコントロール )  」 です。
 
以前制作した 4ストエンジン用の基板をもとにしています。
 
今回は、表示部と操作部 ( スイッチ )を外部へと仕様変更。
 
あと、4ストではワイドバンド空燃比計を利用した自己学習を
行わせていましたが、さすがに 2ストの場合は排気にオイルが
混じっているので空燃比計での自己学習は無理っぽい。
 
なので、2スト用は走行中にセッティングが出来るようにしてみた。
 
 

↑ スイッチはこれを使用する予定
 
デイトナ ( DAYTONA ) 製のスイッチです。
ハンドルにこれを取り付けて、走りながら燃料調整が可能に。
 
実際には、モード切替用のスイッチをもうひとつ使う予定です。
上の写真のスイッチは数値を上げ下げする用で、これと合わせて
スイッチボタンは 3つの予定。
 
 

↑ 表示部も既に作成済み
 
メーター横に設置予定です。
ここに燃料噴射量や各センサー値をリアルタイム表示。
 
センサーは、スロットル開度、エンジン温度、吸気温度の 3つ。
 
気圧センサーはどうしようかと思ったけど、ホンダ純正 FI でも
気圧センサー無しとかあるから、まあ、無しでもいいかなと。
無しでも、走りながらセッティングが変えられるからね。
 
 
実際の取り付けはタコ付きメーターへの交換やバーハン化のあとに
なるかと思いますが、いつものように小出しに進めてく予定です(笑)
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (17)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (34)
ジャイロ ニコイチエンジン (17)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (17)
ジャイロ 全波整流&LED化 (12)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (4)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR