FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連

大体いつも 5日間隔ぐらいで更新してます

● フォルツァ足の移植 その3

 【 カテゴリー : ジャイロ ディスクブレーキ化
 2018/09/29(土) 09:01:39
 
前回のブログの続きです。
 
 

↑ この部分がインナーカウルと干渉します
 
フォルツァのフォークに交換すると、ここが干渉するので
車体側のカウルに加工が必要です。
 
 

↑ 当たりそうな部分をベルサンを使って削って行きます
 
 

↑ こんな感じになりました
 
 

↑ ハンドルを左に切ったところ
 
 

↑ ハンドルを右に切ったところ
 
 

↑ 穴隠しのため、カゴを付けてみた
 
さすがに穴が丸見えなのも何ですから (笑)
インナーボックスを取り付けてみました。
 
 

↑ 上から覗かない限り、穴は見えません
 
あとで、穴の部分だけを覆えるカバーを作りたいと思います。
 
 

↑ とりあえず完成
 
フロントカウルとフロントフェンダーとの隙間が大きく
少々気になりますが、まあ、これはすぐに見慣れました (笑)
 
一応、あとでダウンスプリングを入れて、この隙間を多少は
無くそうかと計画中。。。
 
 
 
ブレーキは非常に良くなりました!
これぞブレンボのタッチと効き具合ですね~
 
ジャイロ純正足 + 220mm ディスクの時と比べると
はるかに効きが良く、とても扱いやすくなりました。
 
やはり、ジャイロ純正足の構造では問題があり過ぎて
ブレンボの性能を受け止めきれないんでしょうね。
 
ブレンボラジアルマスターとの組み合わせは抜群です!
レバーを握った時の素直な反応は素晴らしいですね。
 
ジワ~と握ればジワ~っと効き、ググッと握ればググッと効く。
微妙なコントロールも自由自在で簡単に出来ます。
 
ジャイロ純正足 + 220mm ディスクの時よりも余裕ある
制動力で安心です。
 
 
 
あと、ハンドル操舵角は減りましたが、なぜか以前よりも
小回りが効くようになりました。

 
走らせると最初は凄く違和感がありましたけど、それも直ぐに
慣れて乗りやすくなったと感じます。
 
以前は交差点など、リアが残る感覚があったのですが
フォルツァ足に交換後は素直に曲がるようになりました。

 
これは予想してなかった嬉しい効果です。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● フォルツァ足の移植 その2

 【 カテゴリー : ジャイロ ディスクブレーキ化
 2018/09/25(火) 05:10:23
 
前回のブログの続きです。
 
 

↑ フォルツァ用 ブラストマニア キャリパーサポート
 
ブレンボ 40mm ピッチキャリパー用です。
 
今はもう無い 「 横浜ライニング 」 のブラストマニア。
 
ショップが無くなったので今では入手困難品。
 
ジャイロ用のフォーク移植キットとしては、マジェ足と
フォルツァ足があるが、今回フォルツァ足を選んだのは
このキャリパーサポートを運良く入手したためです。
 
これを使用することで、今まで使用してたブレンボが
そのまま取付可能なので (^o^)v
 
マジェ足だとキャリパーが右側になり、右用のキャリパーを
買い直しになってしまいますから、これが入手できたのは
マジでラッキーでした。
 
 

↑ 取り付けるとこんな感じ
 
ディスクローターはフォルツァ純正サイズの 240mm 。
今まで付けていた 220mm から 20mm アップ。
 
ただし、タイヤ径も約 20mm ほど大きくなってしまった。
 
でもタイヤ径とブレーキローター径との比率は以前よりも
ブレーキローターのほうが多少なりとも大きくなったので、
まあ、私的には一応満足。
 
スピードセンサーのマグネットも以前の 3点から 4点に増え
メーターのレスポンスも上がりますね。
 
 
…で、これで完了なら良いのですが、、、
このあと、車体側のカウルの加工が待ってます (^^ゞ
 
次回につづく。。。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● フォルツァ足の移植 その1

 【 カテゴリー : ジャイロ ディスクブレーキ化
 2018/09/20(木) 05:02:27
 
以前、ディスク化したフロントブレーキが
どうも不調気味。。
 

↑ …で、外してみました。
 
まず、ショックが抜けてスカスカ状態ですね (笑)
ブレーキをかけると、すぐにフルバンプ。
まあ、中華サスなんでこれは仕方ないかな。
 
さらによく見ると、キャリパーサポート固定部分の
ブッシュが、ひどく摩耗してガタガタ (^^ゞ
みやっち!さんから、ここは要チェックだと聞いてたが
ホントに酷い状態だったのでビックリ。
 
ホンダ純正のブッシュだけど、薄いプラなんだよね。
組む時も何でこんなプラ使ってるのか疑問だったけど
大して距離も走ってないのにダメになってしまった。
 
無論、本来の使い方じゃないから耐久性に難があっても
しょうが無いんだけど。
 
でも、こういうパーツって、キャパは余裕を持って設計
するのが常識だと思うが、マジでキャパ無さ過ぎ。
ホンダのこういう所、中華パーツよりもダメダメかも。。。
 
キャリパーサポートが可動すること自体、安全面に
疑問があったが、こうして簡単にダメになってしまい
残念だがこの方式には問題があると言わざろう得ない。
 
 

↑ フォルツァのフロントフォークを移植
 
やっぱり普通の形状のフロントフォークが良いかと (^^ゞ
 
フォルツァ足の移植キットを購入して取り付けてみる
ことにしました。
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● ジャイロ 2スト FI 化 使用するインジェクターについて

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/09/15(土) 06:42:29
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回は使用するインジェクターについてのお話しです。
 
 

↑ インジェクター
 
ホンダの小排気量用のインジェクターは、大きく分けて
2種類あります。
主に古い FI 車両で使われてきたタイプと、新しいタイプ。
 
現在、私が使用しているのはグロム純正ので、これは新しい
タイプのインジェクターのほうになります。
( 新・旧で形状が微妙に異なり、互いに流用は不可です )
 
2ストに使用する場合、4ストと比べて吸気可能な時間が半分しか
ないため、その半分の時間内に噴射完了しなくてはなりません。
なので、2ストで 50cc の排気量ならば、倍の 100cc 以上の
車両に使われているインジェクターが必要です。
 
出来れば余裕をもって 2.5倍ぐらいあれば適正域かと。
 
そういう意味で 50cc の 2ストにはグロム純正 125cc用が
丁度良いと言えます。 ( 50 x 2.5 = 125 )
 
 

↑ PCX150 用インジェクター (16450-K36-J01)
 
これは、ホンダ PCX の 150cc で使われているインジェクター。
グロムと互換形状です。
 
PCX の 170cc ボアアップキットでもこのまま使えます。
 
…ってことは、68 x 2.5 = 170 なので、ジャイロ用の
マロッシ 68cc ボアアップキットならば、これでギリギリ
大丈夫かも?
 
 

↑ KITACO 製グロム用大容量インジェクター ( 403-0501000 )
 
KITACO の 181cc ボアアップキット用インジェクター。
おそらく 190 ~ 200cc ぐらいでもイケると思われますから
2ストなら 75 ~ 80cc ぐらいまでは大丈夫かも知れません。。。
68cc もこちらのほうが安心かも。
 
 

↑ インジェクターの比較
 
排気量にあわせて噴射穴の大きさや数が違いますね。
 
 
これ以上の大容量インジェクターが必要な場合はヤマハ用を
流用するのが良さそうです。
 
市販品で種類が豊富なシグナス用なら、同形状で 250cc の
4D9 マジェ用も使えるので、守備範囲が広がります。
 
ちなみにシグナス系のインジェクターは、グロムインマニに
穴拡大程度の簡単な加工で付きそうです。
 
また、台湾製のグロム用ビッグスロットルボディー付属の
インマニは、シグナス系のインジェクターがポン付け可能。
付属アタッチメントの使用でホンダ用もヤマハ用も両方とも
使用可能なのが良いですね。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● ジャイロ 2スト FI 化 ECUセット

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/09/10(月) 06:17:46
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回は、来週引き渡し予定のセット品について。
 
…まあ、これは見落としが無いか私の確認用のためですが (笑)
 
 

↑ ECUセット
 
【 基本セット 】
1.ECU 本体
2.データ表示ユニットと、専用ハーネス
3.説明書
 
【 オプション品 】
4.センサー類と配線
5.ワンオフ品と、型紙シール
 
「 1.~ 3.」が、基本のセットとなります。
 
「 4.」は、市販のセンサー、コネクターや配線で
説明書に品番等を掲載してありますので、ご自身で
揃える事が可能なパーツ類。
 
「 5.」は、特注ワンオフ品のマニ取付用の仕切り板。
あと、マニ加工用とガスケット作成用の型紙シール。
 
 

↑ 説明書
 
約 20ページの説明書。カラー図解・写真入り。
取付方法と、セッティング例などの解説も掲載。
 
 

↑ センサー類と配線
 
すべて防水コネクター仕様になってます。
 
 

↑ 特注ワンオフ品と、型紙シール
 
高強度・耐熱素材を削りだして作成したマニ取付用の仕切り板。
一見ただの板のようですが、裏側に秘密が・・・ (^^ゞ
 
あと、ここで撮り忘れてますが、データ表示ユニット取付用の
ネジ穴位置の型紙シールも付属します。
 
 
 

トラックバック:0   コメント:5
  1.  
  2.  

● ジャイロ 2スト FI 化 メリットについて

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/09/05(水) 04:58:49
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回は、2スト FI 化の利点について。
 
 
まず、勘違いの無いよう、あらかじめ書いておきます。
 
2ストの FI化は困難だとか、無理なんじゃないかと思う人も
多いかと思いますが、なにも新車で現在の厳しい排ガス規制に
適合させるモノを作ろうってワケではありません。
( ってゆーか、もうとっくに実用レベルで走ってるけど何か? (笑) )
 
2ストジャイロ、つまり今から 20年ぐらい前の 2スト車です。
排ガス規制前、もしくは、まだまだ排ガス規制がユルユル
だった頃の車両ですからね。
 
キャブで普通に排ガス適合になったのなら、FI化しても全く
問題無くその基準をクリア出来ます。
ってゆーか、キャブよりクリーンになるでしょう (笑)
 
また、バルブタイミングや一次圧縮等の構造的な問題から
FI 化が困難では? …と思われる人もいるようですが、
キャブはどちらも無関係で動きますし、それは FI でも
全く同じこと。混合気を作り送り込めばエンジンは動きます。
 
キャブも FI も、基本的には 「 燃料の霧吹き機 」 です。
それ以上でもなく、それ以下でもありません。
 
キャブに出来る事は全て FI で可能ですし、キャブに出来ない
事でも FI には可能です。
 
 
【 メリット その1 】
一番の利点はセッティングのしやすさでしょう。
 
キメ細かに出来ますし、バラさずに出来ます。
 
私の作る ECU は、走りながらでもセッティングが可能。
走らせながら様々な設定を簡単に変更出来ます。
 
それと、パソコンやタブレット、スマホも不要。
難しい操作は一切ありません。
簡単かつ、直感的に操作できます。
 
 
【 メリット その2 】
キャブでは出来ないセッティングが可能。
 
例えば、アイドリングは薄くして高回転では濃くするなど
キャブでは不可能な回転数毎の設定が出来ます。
 
また、走行中にメインジェットが自動で入れ替わるところを
想像してみて下さい。
ニードルの位置が自動で高さが変わったりしたら便利ですよね?
 
そういったセッティングが出来るのが FI の良さです。
 
 
【 メリット その3 】
焼き付き・抱き付き防止セッティングが可能。
 
例えば、エンジン全開走行中に前方の信号が赤で減速する際、
ボアアップ仕様のキャブ車だとアクセルを急に戻すと抱き付きが
心配ですが、私の作る ECU にはこういった状況での専用の
マップがありますので、通常の走行用とは別の抱き付き防止の
専用セッティングを追加することが可能です。
 
 
【 メリット その4 】
走行時の横G、ギャップに強い。
 
ジャイロはエンジンが傾かないので、普通の二輪車と比べて
横Gを受けるとキャブ内の油面が酷く傾き、混合気が不安定に
なる場合があります。また、路面のギャップによっても油面は
シェイク状態となり、やはり混合気が不安定になりがちです。
 
キャブでは、気が付かないうちにこれらが原因で抱き付き等の
引き金になっている可能性もあります。
 
FI には、キャブのような油面はありません。
常に安定した混合気になります。
( 燃料タンクの油面は車体と一緒に傾くので横Gの影響を
受けずに済みます )
 
 
【 メリット その5 】
温度管理もラクラク。
 
例えば峠道など、日向と日陰で気温差が大きい時もあります。
キャブでは急激な気温変化でセッティングがズレたりしますが
FI では吸気温度に合わせて自動で調整されます。
 
また、水冷化した際にウォーターポンプの電源管理も出来て
水温を一定範囲内にコントロールする事も可能です。
 
 
【 メリット その6 】
2ストエンジンの延命。
 
現在は、純正パーツのキャブが生産終了になる時代です。
純正流用で新品入手が不可能になったキャブも。。。
 
それに社外のキャブ、粗悪品だらけですよね?
 
ほかのパーツはなんとかなっても、さすがにキャブは
簡単にはいきません。。。
 
このままでは近い将来、絶滅の危惧もあるでしょう。
 
FI 化は今後も 2ストジャイロを楽しむ上で、とても重要な
ファクターになると私は考えています。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (17)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (30)
ジャイロ ニコイチエンジン (15)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (17)
ジャイロ 全波整流&LED化 (12)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (4)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR