FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連
 

● ジャイロ 2スト FI 化 GROM のインマニにヤマハ用インジェクター

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/11/30(金) 04:17:02
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はヤマハ用インジェクターを使うための加工方法について。
 
ヤマハ用は容量の種類が豊富!
 
豊富にあれば、ジャイロを今後ボアアップをしても
セッティング時に困ることは無いでしょう。
 
 

↑ まずはいつものように完成状態から
 
先日載せた KOSO のインジェクター変換キットを使用します。
 
 

↑ 加工は簡単♪
 
例えば、JC75 グロム用インマニの場合だと、
中が約 8mm の穴と、約 11.5mm ぐらいの穴で
2段階の穴になっています。
 
これを、9.5mm と 13mm に拡大して、少し多めに
13mm のほうを面取りしておけば完成。
 
9.5mm は普通のドリル、13mm はエンドミルか
刃の厚いホルソーを使用すると良いでしょう。
 
たったこれだけでヤマハ用インジェクターが付きます。
 
 

↑ Oリングを装着
 
青矢印のところにヤマハの Oリングが入っているので
それを外して緑矢印のところに 「 グロム 」 のほうの
インジェクターから外した Oリングを入れる。
( グロム用のほうが厚みがあって丁度良い )
 
 

↑ インジェクター変換キットの下に 3mm スペーサー
 
3mm スペーサーを入れてインジェクターを差し込むと
約 1mm程度、浮いた状態です。
 
 

↑ ネジを締め込む
 
ネジを締めると Oリングが潰れて完全密着 (^o^)v
 
 

↑ 噴射口も良い位置になります
 
 

↑ コネクター類との干渉はありません
 
 

↑ ビッグリードを装着
 
ビッグリードを使う事で、シリンダーからの距離も
充分に確保できます
 
 

↑ インジェクター配線も干渉しません
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● フォルツァ足の移植 その5 ウェーブディスクローター

 【 カテゴリー : ジャイロ ディスクブレーキ化
 2018/11/25(日) 02:51:59
 
フォルツァ足の移植のお話しの続きです。
 
 

↑ BRAKING ( ブレーキング ) 製 ウェーブディスクローター
 
フォルツァ足に付属してきた純正形状ローターは
効き・タッチ共に悪くなかったんだけどね、、、
 
ちょっとサビてきて見栄えがあまり良くないので、
入れ替える事にしました (^^ゞ
 
 

↑ 取り付けるとこんな感じ
 
フォルツァ純正と同じ 24cm サイズなんですけど
ウェーブになっている分、若干小径に見えますね。
 
 

↑ 全体像
 
これでフォルツァ足編は完結かな。
こうやって見ると、リアタイヤが小さく見える。。。
 
流石にフォルツァの 13インチは大きく見えるね。
 
バランス的には、リアを少々サイズアップかな?
もしくは、ロンホイか。。。
 
今後の課題ですね。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● ジャイロ 2スト FI 化 スロットルボディーのテーパー加工

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/11/21(水) 07:20:37
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はスロットルボディーのテーパー加工について。
 
 

↑ まずはいつものように完成状態から
 
先日ノザワホンダにて加工したスロットルボディーに
さらに加工を施しました。
 
 

↑ 加工前と加工後の比較
 
ホンダ純正の状態だと、エアクリ側に繋がる所の形状は
流れが悪そうなので、テーパー形状にしてみました。
 
26パイの拡大化にテーパー形状が加わったことで
これならかなりスムーズに吸い込めそう (^o^)v
 
一次側への吸入・充填効率アップが期待出来そうです。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  

● フォルツァ足の移植 その4 ダウンサス

 【 カテゴリー : ジャイロ ディスクブレーキ化
 2018/11/15(木) 03:31:35
 
フォルツァ足の移植のお話しの続きです。
 
 

↑ ブラストマニア ローダウン スプリング
 
今はもう無い 「 横浜ライニング 」 のブラストマニア。
4cm ダウンのバネです。
絶版品ですが入手出来ました (^o^)v
 
フォルツァ足の移植でフロントカウルとフェンダーの隙間が
大きくなってしまったので、これを使って下げたいと思います。
 
 

↑ まずはフォルツァ純正バネの取り外し
 
サスはこの状態のほうがバラしやすいです。 
 
関係ないけど、後に写ってる配線がグチャグチャですね (笑)
オートライト切替関連の配線と、ハンドル関連の配線。。。
そのうち綺麗にハーネスを作り変えたいです。
 
 

↑ フォルツァ純正バネとの比較
 
 

↑ サスを外して洗浄 & サスオイル交換
 
 

↑ オイルはこれを使用
 
サスが短くなる分、オイルはやや固めをチョイス
 
 

↑ ついでにリムステッカーを貼る
 
やはり、私のトレードマークとして、オレンジ色の
ラインを入れておかないとね (^^ゞ
 
 

↑ 交換前の車高
 

↑ 交換後の車高
 
フロントカウルとフェンダーの隙間が結構変わりましたね。
 
ハンドリングがまた少し変わったけど、すぐに慣れました。
乗り心地はさほど変わりません。
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● ジャイロ 2スト FI 化 インジェクター変換キット

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2018/11/10(土) 04:16:07
 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はインジェクター変換キットについて。
 
 

↑ KOSO インジェクター取付変換キット
 
これ、シグナスの 4型に、3型までのインジェクターを
取り付けるための変換キットなんですが。。。
 
 

↑ ヤマハには無関係な物が…
 
なぜかホンダ用のホースジョイントが付属している!
 
 

↑ ホンダの燃料ホースジョイント
 
ホンダの燃料ホースには、ワンタッチで接続可能な
プラスチック製の独自のジョイントが使われている。
 
 

↑ 燃料ポンプ側
 
燃料ポンプ側も同様だが、インジェクター側よりも
剛性が無く、市販の耐圧燃料ホースを使用すると
ホースが重くて負荷がかかり根元から折れそうで怖い (^^ゞ
 
ヤマハ用インジェクターは容量の種類が豊富だから
流用したいけど、今までこの不安があって流用するのを
躊躇われたが、この変換キットでホンダの燃料ホースが
繋がるので安心して使える!
 
 

↑ ホンダ用ジョイントを繋いでインジェクター装着
 
これでヤマハ用のインジェクターを流用しても
ホンダの燃料ホースがそのまま使える。
 
あとはグロムのインマニをヤマハ用インジェクターに
合わせて少し穴を拡大すれば装着可能。
 
もしくは、台湾製のビッグスロットルセットに付属の
インマニならば、そのまま装着出来ます。
( ヤマハ純正パーツのマニホールドガスケットと呼ばれる
プラスチックのスペーサーのような部品がこのほかに必要 )
 
 

↑ 市販のコネクターキット
 
インジェクターに繋げるコネクターも普通に通販で
入手が出来ますから、FI化のハーネスも自由に作れる。
 
この変換キット、マジで FI化に重宝します♪
 
 

トラックバック:0   コメント:2
  1.  
  2.  

● チューンドエンジンの作成 リードバルブ奥の拡大加工

 【 カテゴリー : ジャイロ エンジンチューニング
 2018/11/05(月) 03:20:36
 
今回はエンジン作成のお話ですが、話しの流れ的には
前回の 2スト用 FI化( インジェクション化 )の続きです。
 
 

↑ クランクケース
 
すでに、ブリッジ部分が切除されてたりします (^^ゞ
 
本来ならば、リードバルブ奥の拡大加工はしないほうが
良いんですけど。。。(^^ゞ
 
なぜなら一次圧縮が落ちてしまいますからね。
 
ただ、既にビッグキャブ用のビッグリードを使ってるから、
リードバルブが上に来る分、かなり体積が増えてるし (苦笑)
一次圧縮が落ちちゃってるよね 。。。
 
…で、実際のところどうか? って話しなんだけど
現状の 50cc エンジン + FI化での比較になりますが
純正リードバルブ + 純正マニ + 純正キャブの頃よりも
一次圧縮が落ちていても加速も最高速も良くなっています。
 
これはビッグリードの効果もあるけれど、口径の大きい
FI用のマニや、24パイのスロットル、パワフィル用の
網だけ入れたエアクリボックス ( スポンジ無し ) で
総合的に吸入・充填効率が上がっているおかげでしょう。
 
ようは、一次圧縮が落ちてしまってもそれを補えるように
吸入・充填効率を上げれば OK って事だよね。
 
 

↑ KOSO 製 ビッグリードバルブ
 
ブリッジ切除に合わせて、KOSO のビッグリードを使います
 
 

↑ ここらへんも若干削ってもらう
 
あまり肉厚が無いから、ほとんど削れないけど。。。
ほんの少しだけ、なだらかにしておきます。
 
 

↑ 加工完了
 
よりスムーズに吸気が可能になったと思います。
 
これに前回のブログに載せた 26パイに拡大加工をした
スロットルボディーを組み合わせます。
 
キャブと違って口径に関係無く安定した混合気を作れるのが
FI の良いところですからね。
 
より多くの空気とガソリンを一次側へ送りこんでやり、
ピストンの冷却効果の向上も期待できると思います。
 
ってゆーか、スロットルボディーとリードバルブ奥の拡大は
それが本来の目的ですね (^o^)v
 
 
 

トラックバック:0   コメント:4
  1.  
  2.  


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (17)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (30)
ジャイロ ニコイチエンジン (10)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (17)
ジャイロ 全波整流&LED化 (12)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (4)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR