FC2ブログ

トライクネットのブログ

最近はジャイロキャノピーと2ストFI化と4miniのFI化の話がメインです

▲ ホームページ  ■ トライク関連  ■ リバーストライク関連

大体いつも 5日間隔ぐらいで更新してます

● ジャイロ 2スト FI 化 よくある質問と回答 その3

 【 カテゴリー : ジャイロ 2スト 自作 FI化
 2019/12/05(木) 01:34:14
 
最近頂いたご質問の回答をここにも書いておきますね。
( 以前も似た質問を頂きましたが今回はなるべく簡潔にまとめました ) 
 
 
【 よくあるご質問 1 】
燃料の噴射タイミングは重要だと思いますが、いつ噴射するのが良いか?
 
【 回答 】
4ストでは一般的に吸気が始まるまでに噴射し終えているのが良いとされています。
ですが、これはあくまでも燃費や排ガス規制を意識した場合のこと。
吸気バルブが開く前に、なるべく気化させて効率を重視する考え方ですね。

しかし、実際には回転数やインジェクター容量の関係も大きく影響します。

例えば、2ストの場合は1回転に1回の吸気です。
4ストは2回転に1回なので、単純計算で1回転あたり倍の噴射が必要です。
しかも、噴射が可能な時間は4ストの半分しかありません。
回転数も1万を超える事があるため、短い時間で大量に噴射しなければなりません。
こうなるともう、タイミングとか関係なく噴射しっぱなし状態です。

私は実際にタイミングを変えて色々とテストしてみた事があります。
それで判ったのはタイミングではなく、重要なのは適切な噴射量だと感じました。
1回転に必要な燃料の量を適切に噴射すれば、タイミング的にはどこでも大差は無いです。



【 よくあるご質問 2 】
適切な噴射量はどう計算すれば良いか?

【 回答 】
4ストではエンジン負荷による吸入量で適切な噴射量を計算する事もありますが、2ストでは論外です。

特に小排気量の空冷エンジンでは、燃料は冷却の役割もあって多めの噴射が必要です。
高回転からのアクセルオフ時などカブらない程度に多く噴射して抱き着き防止も考慮すべきです。

このように吸入量とは反比例する場面も多々あるワケです。

上記のような状態は、吸入量からでは適切な判断が出来ません。
アクセル開度と回転数から判断するのが良いでしょう。

また、2ストの場合は 4ストよりも吸気経路が非常に長いです。
インマニから一次圧縮を通ってシリンダーに入りますからね。

噴射された燃料は気化して行きますが、全てが完全に気化するワケではありません。
気化しきれず長い経路内に残留してしまう燃料が不確定要素として存在します。

この不確定要素が常に関わって来るワケです。

なので、アクセル開度や回転数をもとに大局的な大きな流れを想定する事が重要です。
こればかりは実走でのデータ作りと、カンやセンスがモノを言うところですね。

こうすればOKという回答はありませんが、より多くの状況想定がカギとなる事でしょう。
 
 

トラックバック:0   コメント:0
  1.  
  2.  
<<ジャイロ 2スト FI 化 よくある質問と回答 その4 | ホーム | 点火信号用ノイズフィルター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://trikenet.blog.fc2.com/tb.php/437-1f4f5ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム

プロフィール

トライクネット

Author:トライクネット
スクーター型トライクについてのブログです。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

ジャイロキャノピー (19)
ジャイロ 2スト 自作 FI化 (41)
ジャイロ ニコイチエンジン (26)
ジャイロ エンジンチューニング (7)
ジャイロ 駆動系 (7)
ジャイロ 吸排気・点火系 (5)
ジャイロ ディスクブレーキ化 (17)
ジャイロ 全波整流&LED化 (13)
ジャイロ メーター交換 (4)
ジャイロ バーハン化 (5)
4mini 自作 FI化 (16)
フレーム1本から始める4mini製作 (12)
ファルコン (221)
ファルコン 4スト 自作 FI化 (47)
番外編:スーパージョグZR (16)
日記 (10)
その他 (14)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR